野球について

野球の満塁はピンチかどうかです

野球にはダブルプレーがあり、一気に攻撃側の有利な状況を防ぐことができます。
ダブルプレーは、ショートからセカンド、そしてファーストに投げる643のプレーやサードからセカンド、ファーストの543のプレーも見事に流れるようにできるプレーなので、観衆の目を引くこたになります。
そしてピンチなようで一気に防ぐことができるのが、満塁の状況です。
満塁になると誰しも、攻撃側は絶好のチャンスだととらえていますし、守備側はピンチという場面で守りに緊張が走ります。
しかし、この満塁の場合でもダブルプレーが生きてきますし、最悪の結果ではトリプルプレーもあります。
満塁からピッチャーゴロでホームはフォースアウト、キャッチャーからファーストに投げてダブルプレー成立となります。
フォースアウトになることが、リスクを減らし守りやすくなることもあります。
野球では満塁になったとしても、決してピンチを迎えているのではなく、守りやすくなっていると考えることです。

Copyright(c) 野球 All Rights Reserved.